おまじないで強力な恋愛運を身につけよう〜運アップでポジティブ〜

当たる占いの事実

タロットカード

どのような方法で占うにしても当たる占いを信じたいものです。当たる占いには共通点があるといわれています。当たる占いを信じるためにも、未来を把握できる占いを見つけてみましょう。

詳しくはこちら

タロット占いの方法

占い

タロット占いは、タロットを活用した占いの一つで、その時々により占い方法が変わってきます。そのためどのような方法で占うよりも占いとして楽しみやすい占いといえるのです。

詳しくはこちら

占いの歴史

タロットカード

占いのルーツは東洋と西洋に分かれます。未だに西洋型の占術と東洋型の占術共に、多くの人に支持されています。東洋型、西洋型問わず、占いのルーツは星の運行状況を見て判断するものでした。これを占星術と言います。現代では一般的に星うらないと呼ばれますが、実際には西洋型と東洋型では同じ占いではありません。西洋型をルーツとするもので最も有名なものの一つが、12星座うらないです。12星座うらないは季節を12に区切り、そこに星座を当てはめたものです。実際には、星座そのものよりも占う相手の誕生月の太陽の運行状況が重要となっています。東洋型の占星術は星の運行そのものよりも、日食や月食、流れ星や彗星など特殊事象に着目したものでした。

古代において、占星術はうらないと科学の側面を同時に持ちました。言うなれば、現在の天文学と似た意味合いを持っていたのです。
特に西洋では、星の運行状況によって大体の季節を把握したりしていました。ギリシャのアンティキティラ島からは当時の天体運行を測量計算機も出土しています。この機械は紀元前2世紀に作られたとされています。アンティキティラ島の機械は世界最古の計算機とも呼ばれています。その精密さは現代のものにも引けを取らず、毎日の天体の運行状況をほとんど誤差なく計算できる程の能力があります。

古代、占いは科学の一分野でもありました。同時に、呪いなどの非科学的な用途でも用いられました。呪いという漢字には、二通りの読みがあります。ひとつは、のろいと読みます。一般によく知られている読み方はこちらです。もう一つの読み方は、まじないと読みます。
つまり、呪いとおまじないのルーツは同様のものだったと言えます。人に対して強力な悪い効果を与えるものを呪いと呼び、人に対していい効果を与えるものをまじないと呼ぶように変化しました。現在では、強力な恋愛のおまじないや交通安全のおまじないとして様々なお守りや恋愛おまじないグッズ等が考案されています。

現代の占い

女性

電話占いはあらゆる占いの中でも、特に占いやすいといわれる方法の一つです。電話占いは電話を活用することにより、どのようなところにいても占うことが可能です。ただ、あまりにも遠隔地だと占いにくいかもしれません。

詳しくはこちら